【CPU】 12nm版RYZEN Pinnacle Ridgeは2018年2月にローンチ?

CPU


(Source:AMD to launch 12nm Ryzen in February 2018, says mobo makers)

<ザックリ意訳>
マザーボードメーカーによると、12nm版RYZENとなるPinnacle Ridge『Pinnacle 7』は2018年2月にローンチが予定されている。ミドルレンジ帯となる『Pinnacle 5』と『Pinnacle 3』は2018年3月になる。

続いて2018年4月には省電力版のPinnacleプロセッサが、2018年5月にはエンタープライズ向けとなるPinnacle Proが予定されている。

対応するチップセットは400シリーズとなり、X470あるいはB450ベースのマザーボードは2018年3月から販売開始となる。


上記内容が台湾メディアのDigiTimesにて報じられました。前情報によるとPinnacle RidgeでもSocket AM4が使用されるとのことです。

300シリーズのAM4マザーボードで使用できるかどうかについては触れられていませんが、CPUが2018年2月で400シリーズのマザーボードが3月なら、おそらく300シリーズとも互換性があるものと思われます。先にCPUだけ出してしばらく放置なんてことは考えにくいですしね。

2018/4/20追記
12nm版RYZENとなるRYZEN 7 2700Xの各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。