【CPU】 THREADRIPPERの8コアモデル『1900X』の存在を確認

CPU

先日、THREADRIPPERに1950Xと1920X以外のコードネームが見つかりましたが、どうやら本当だったようでAMDは8コアモデルの1900Xを発表しました。1900Xは2017年8月31日発売とのこと。

8コアということでAM4の1800Xと比較してみると、違いは

 ベースクロックMSRPDDR4PCIeレーン数
RYZEN 7
1800X
3.6 GHz$ 4992 ch24
THREADRIPPER
1900X
3.8 GHz$ 5494 ch64

1800Xより少しクロックが高いこととDDR4のチャンネル数、そしてPCIeのレーン数が異なっています。

しかし、THREADRIPPER用マザーボードは高くなることが予想されるため、DDR4は2chでよくてPCIeレーン数もそこまで必要でないならAM4の方が安上がりになるのは言わずもがなでしょう。

以下、追加で公開されたパッケージ画像になります。